きたやま歯科クリニックの6つのこだわり

TOP > こだわり > 滅菌管理

こだわり|滅菌管理

すべての患者さんへ徹底した滅菌管理

滅菌当院では治療で使用する器具は滅菌処理をおこなうか、材質上、滅菌が不可能な治療器具はおひとりずつ使い捨てのものをご用意しています。
私たちは医療を提供する者として院内感染を防止するための対策を徹底的にし、すべての患者さんが安心して治療を受けていただけるよう努めるのはもちろんですが、私たち自身やスタッフが治療を受けたい医院であり続けられるよう日々努力しております。

治療器具の「滅菌」

「滅菌」とは高温、高圧、紫外線などでほぼ無菌の状態にすることを言います。
当院では、2台のオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)を使用し、デンタルミラー、ピンセットなどの基本のセットから歯を削るバー(刃先)の1本1本までおひとりずつに滅菌処理したものを使っています。
また、歯を削るハンドピースにおいては専用の滅菌器(ダックユニバーサル)で1本1本滅菌したものをおひとりの患者さんに使用しています

ディスポーザブル(使い捨て)のもの

お口をゆすぐ紙コップ、エプロン、グローブはおひとりごとに使い捨てし、根管治療の際のラバーダム(ゴムのマスク)、麻酔時の注射針・カートリッジ、外科処置時のメス、縫合針などももちろん使い捨てのものを使用しております。

「滅菌」と「消毒・殺菌」の違い

◎ 滅菌

滅菌「滅菌はすべての微生物を殺しますが、消毒や殺菌はある特定の範囲の微生物だけを選択的に殺します」という意味です。
ということは、殺菌や消毒よりも、滅菌の方が微生物を殺す力は強力ということになります。歯科治療の現場では一種の外科的な治療が多いため、可能な限りすべて治療に使う器具は消毒のレベルではなく滅菌をして患者様に使用する方が望ましいと言えます。

◎ 消毒・殺菌

人体に有害な細菌やウイルスの感染性を物理的、化学的手段を用いてなくすか、菌量を少なくすること。